日記カレンダー

2017 年 10 月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
自立支援のためのサービス

ふれあい相談所
 「悩みごとを、誰かに聞いてもらいたい、……」 「どんな制度があって、どこに相談したらいいんだろう……」 住民が抱える悩みごとはさまざまで、福祉サービスや窓口も複雑で分かりづらいという声が多く聞かれます。
 黒石市社会福祉協議会では、常勤相談員を配置し、『ふれあい相談所』を開設しています。困ったとき、どうしたらいいのかわからないとき、だれかに相談したいとき……お気軽に来所、電話してください。

開 設 日 月曜日〜金曜日(土・日・祝日・年末年始はお休みです)
開設時間 午前9時〜午後4時
電話番号 0172−52−9600(いえに、くろうなしなし)

福祉安心電話サービス








ひとり暮らし高齢者見守り装置設置事業
 黒石市内の65歳以上の単身世帯の高齢者に対して高齢者見守り装置を貸し出し、急病や災害等の緊急時に迅速かつ適切な対応することで、高齢者の見守り及び安全を確保することを目的としています。







ふれあいテレホン
 福祉安心電話と老人福祉電話、1人暮らし高齢者見守り装置を設置する約70世帯に対して、週に一回のペースで電話し、安否確認とあわせて体調や四方山話などで交流しています。







日常生活自立支援事業

 認知症高齢者、知的障害者、精神障害者などで判断能力が不自由な人に対して、生活支援員が契約に基づき福祉サービス等の利用援助を通して日常生活を支援しています。

青森県地域福祉権利擁護センター「アップルハート」HPへ




福祉機器貸出事業








生活福祉資金貸出事業

○生活福祉資金貸付制度の受付について
制度の概要  低所得者、障害者及び高齢者世帯を対象として各種資金の貸付の相談・指導を行なうことで、対象世帯の経済的自立と生活意欲の助長を促進するとともに、資金を貸し付けることで、その世帯全体が安定した生活を継続できるよう支援する制度です。
受付窓口 受付窓口
ー匆駟〇稻/郵石市社会福祉協議会
担当民生委員
※黒石市以外の方は、利用する方の居住する各市町村社会福祉協議会または担当する民生委員へご相談下さい。
住所 黒石市境松一丁目1番1
電話番号 。娃隠沓押檻毅押檻坑僑娃亜 ´■娃隠沓押檻毅押檻横僑沓
FAX番号 0172−53−2756
利用時間 ,佞譴△ち蠱娘次。后В娃亜腺隠供В娃亜 ´∋務局 8:15〜17:00
休館日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
対象世帯について  低所得世帯、障害者及び高齢者世帯で関連する金融機関や他の公的制度の利用が出来ない、または困難な世帯。ただし、負債が多くこの資金が有効に使われないと思われる世帯は該当となりません。
貸付の対象とならない世帯 仝務員が同居する世帯
∧貉匆鰭慇ぢ咫米影睛討梁濾媽度の場合)
世帯全体の収入割合から見ると低所得だが、ある程度月額所得のある人が同居する世帯(金融機関から借入可能のため)
そ斬陬蹇璽鵝⊆動車ローン、電化製品等のローン返済などが多いため生活費が低所得基準となっている世帯
貸付制度の基本要件
(提出資料等)
1.連帯保証人1名(原則、県内居住の保証能力のある65歳未満の方)
2.貸付けする資金の使途明細・計画書
3.借受人、連帯保証人の所得を証明するもの
4.申込者の市町村民税がわかるもの(所得割・均等割)
5.その他、資金の内容により添付しなければならない書類・資料があります。
担当民生委員との関わり  本資金は、元々民生委員の相談支援の解決方法としての貸付事業であり、申請内容の確認、貸付時から償還完了までの援助・指導は担当民生委員が関わることになりますので、担当民生委員の相談援助を受けられない世帯は申込みできないことになりますのでご注意下さい。
その他特記事項 /柔疏亜⊃柔礎罎帽愼、発注済の経費は貸付対象となりません。自己資金で対応可能と見なしますのでご注意下さい。(葬儀費用のみ事前発注可能)
∋餠眤濾娶紂⊃柔祖未蠅忙餠發利用されているか確認するために、領収書等必要書類の提出が必要です。
※貸付資金の種類については こちら をクリックしてください。
プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2006 Kuroishishi-SyakaiFukushiKyougikai. All Rights Reserved.